障がい者の働く場ニュース
2017年06月22日(木)
 障がい者の働く場ニュース

差別と闘う障がい者たち、半世紀の記録

働く場の動向
福祉・NPO
行政関係
イベント・セミナー
特例子会社
海外
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



差別と闘う障がい者たち、半世紀の記録

このエントリーをはてなブックマークに追加




脳性まひ者団体の活動を描く
障がい者の解放運動に鋭く迫ったノンフィクション小説「カニは横に歩く、自立障害者たちの半世紀」が、第33回講談社ノンフィクション賞を受賞した。著者は、自身も介護者として運動に関っていた、ジャーナリストの角岡伸彦氏。

学生運動が衰退し始めた1970年代から、施設占拠や「川崎バス闘争」などの過激な解放運動を展開してきた脳性まひ者の団体、「日本脳性マヒ者協会青い芝」の活動の様子が生々しく描かれている。

講談社ノンフィクション賞
タイトルに込められたメッセージ
健常者に合わせて生きることを余儀なくされてきた障がい者達が政府、企業、社会、健常者を糾弾する姿や、彼らを間近で見守ってきた著者の言葉は、読者に強烈なメッセージを与える。

「カニは横に歩く」というタイトルには、「カニが横歩きするのを誰も不思議に思わない。障がい者が健常者と違う歩き方をするのも当たり前だ」というメッセージが込められているという。

著者の角岡氏は、これまでにもさまざまな「差別」に関する著作を発表しており、今度の活動にもますます注目が集まりそうだ。

外部リンク

講談社ホームページ
http://www.kodansha.co.jp/award/nonfiction-essay.html
Amazon.co.jp : 講談社ノンフィクション賞 に関連する商品



  • 文科省、「障がいのある学生の修学支援に関する検討会報告(第一次まとめ)」を発表(1月9日)
  • ファッションショー:障害者もおしゃれに 介護経験生かした工夫(2月8日)
  • 「戦盲」 失明戦傷病者がたどった戦中・戦後(7月26日)
  • 障がい者に優しい海水浴場「ユニバーサルビーチ」とは?(7月25日)
  • 【障がい者用iPadアプリ】吹く息でつぶやき入力(7月15日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    新着30件