障がい者の働く場ニュース
2017年08月19日(土)
 障がい者の働く場ニュース

出所した障がい受刑者の支援施設開設【徳島】

働く場の動向
福祉・NPO
行政関係
イベント・セミナー
特例子会社
海外
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



出所した障がい受刑者の支援施設開設【徳島】

このエントリーをはてなブックマークに追加




出所前から本人と面談
徳島県は、刑務所等の矯正施設を出所した障がい者や高齢者の社会復帰を支援する「徳島県地域生活定着支援センター」を2011年6月1日(水)、徳島市内に開設した。

保護観察所などと協働して、本人が矯正施設に入所している時から担当者が面談を行い、障害者手帳の発給や社会福祉施設への入所など、必要な福祉サービスを出所後にスムーズに受けられるよう準備を進める。

運営は、県から委託された社会福祉法人徳島県社会福祉事業団が行う。
地域生活定着支援センター
社会復帰支援から再犯防止も視野に
生活に困窮している人や、出所しても親族の援助が受けられる見込みがない人などの「社会復帰支援」が運営の柱だが、福祉サービスや住居、就労環境を確保することで本人の社会生活への移行を円滑に行い、「再犯防止」につなげたい考えだ。

法務省の調査によると、知的障がい(疑い含む)がある受刑者410名のうち、犯罪の動機が「困窮・生活苦」である割合が36.8%と高い割合を示している。

厚生労働省では、同センターを都道府県の圏域ごとに1か所設置するための予算、約6.1億円を概算要求している。


■徳島県地域生活定着支援センター設置場所
徳島市昭和町1丁目2番地 徳島県立総合福祉センター1階

■電話
088-611-0220

■設置時間
平日 午前8時30分~午後5時15分

外部リンク

徳島県ホームページ
http://www.pref.tokushima.jp.cache.yimg.jp/docs/2011052500040/

福祉の支援が必要な刑務所出所者の現状(平成20年9月9日)法務省・厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/09/dl/s0924-9c.pdf

Amazon.co.jp : 地域生活定着支援センター に関連する商品



  • 文科省、「障がいのある学生の修学支援に関する検討会報告(第一次まとめ)」を発表(1月9日)
  • ファッションショー:障害者もおしゃれに 介護経験生かした工夫(2月8日)
  • 「戦盲」 失明戦傷病者がたどった戦中・戦後(7月26日)
  • 障がい者に優しい海水浴場「ユニバーサルビーチ」とは?(7月25日)
  • 差別と闘う障がい者たち、半世紀の記録(7月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    新着30件