障がい者の働く場ニュース
2017年10月22日(日)
 障がい者の働く場ニュース

障がい者の働く場を生むエコプロジェクト【松山】

働く場の動向
福祉・NPO
行政関係
イベント・セミナー
特例子会社
海外
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



障がい者の働く場を生むエコプロジェクト【松山】

このエントリーをはてなブックマークに追加




古着と廃食用油を回収
7月1日、愛媛県松山市で、「エコロジー」と「障がい者雇用」を両立する取り組みが始まった。

一般の家庭から出た古着や廃食用油を回収し、リサイクル企業に運んでリユース(再利用)やリサイクル(再資源化)するというもので、立ち上げたのは、松山市内の障がい者施設や共同作業所が共同で運営するショップ「ハートフルプラザ」。松山市のいよてつ高島屋の中に店舗を持ち、障がい者施設や作業所でつくられた授産品などの販売を行っている。
ハートフルプラザ
収集、運搬を障がい者が担当
古着や廃食用油の回収は、ハートフルプラザをサポートしている松山市内のホームセンター、スーパー、公民館などに窓口を設け、各家庭から持ち込んでもらう形で行うが、収集やリサイクル業者への運搬を障がい者が行うことで、障がい者の働く場が生まれている。

現在回収しているのは、以下の品目。
・古着
洋服・和服・着物・スーツ・スカート・下着・くつ下(両ぞろいのもの)・タオル・シーツなど
※ビニール袋に入れて口をしばって出すこと

・廃食用油
植物原料で作られ、天ぷら・フライを揚げた液体状の食用油(菜種油(キャノーラ油)・大豆油・コーン油・紅花油(サフラワー油)・ヒマワリ油・綿実油・米油など)で、使用済または賞味期限切れのもの)
※ペットボトルに入れて口を閉めて出すこと

回収窓口は、ハートフルプラザのホームページで見ることができる。
「ハートフルプラザ松山」運営委員会
電話:080-2889-7984
受付:月~金曜(祝祭日、年末年始除く)9:00~17:00


外部リンク

ハートフルプラザホームページ
http://www.heartfullplaza.jp/index.html
Amazon.co.jp : ハートフルプラザ に関連する商品



  • 文科省、「障がいのある学生の修学支援に関する検討会報告(第一次まとめ)」を発表(1月9日)
  • ファッションショー:障害者もおしゃれに 介護経験生かした工夫(2月8日)
  • 「戦盲」 失明戦傷病者がたどった戦中・戦後(7月26日)
  • 障がい者に優しい海水浴場「ユニバーサルビーチ」とは?(7月25日)
  • 差別と闘う障がい者たち、半世紀の記録(7月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    新着30件