障がい者の働く場ニュース
2017年11月18日(土)
 障がい者の働く場ニュース

被災地に再生PCを 就労支援施設が「PC1000プロジェクト」に協力

働く場の動向
福祉・NPO
行政関係
イベント・セミナー
特例子会社
海外
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



被災地に再生PCを 就労支援施設が「PC1000プロジェクト」に協力

このエントリーをはてなブックマークに追加




被災地で活動するNPOへ無償で提供
中古パソコン再生事業に取り組む自閉症成人施設「はぎの郷」(石川県津幡町)では先月29日から、 東日本大震災の被災地へ贈る中古再生パソコンを、同所が運営する就労支援施設「ジョブスタジオ ノーム」(以下ノーム)で働く障害者がボランティアと一緒に再生し、被災地の市民団体やNPOに無償で贈る活動に参加している。

おもに30代を中心にしたノームの利用者約15名が、自分たちにできる社会貢献として協力しているという。

まちづくりや文化再興と復旧と復興などで利用してほしい
NPO法人「イーパーツ」(東京都世田谷区:以下同法人)が被災地支援として1年間で中古再生パソコン1000台を贈るプロジェクトを提唱。ノームではこの呼び掛けに賛同した。

東日本大震災
4月29日に取り組みを開始、来年3月までボランティアの参加による年4回の「PC再生デー」のほか、随時作業を進めて年間200台以上の再生を目指す。活動内容は同法人が集めた中古パソコンの清掃、基本ソフト(OS)やアプリケーションソフトのインストール、動作確認など。

パソコン本体、再生に関わる費用やライセンス手数料などは不足気味
はぎの郷では2007年から、再生パソコンを市民団体などに贈る活動に取り組む同法人と連携して再生作業を続けており、これまでに500台の実績がある。

東日本大震災
また、同法人では5月1日より中古パソコンの提供、寄付などの支援受け付けを開始している。
詳細・問い合わせ先は同法人「災害復興支援係」(E-mail:PC1000@eparts-jp.org TEL/03-5481-7369 平日13時~18時)まで。


外部リンク

認定特定非営利活動法人イーパーツ

はぎの郷(社会福祉法人つくしの会)

Amazon.co.jp : 東日本大震災 に関連する商品



  • 災害時、障がい者が確実に避難する方法とは?(7月12日)
  • 障がい者の働く場を生むエコプロジェクト【松山】(7月6日)
  • 被災地の障がい者を買い物で支援するプロジェクト(6月29日)
  • 東京マラソン、10kmの部を障がい者と高校生に限定(6月18日)
  • 24時間テレビ、テーマと総合司会決定(6月14日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    新着30件