障がい者の働く場ニュース
2018年04月23日(月)
 障がい者の働く場ニュース

帯広競馬場に優しさとおいしさの絆を~チャレンジドショップ「KIZUNA」オープン

働く場の動向
福祉・NPO
行政関係
イベント・セミナー
特例子会社
海外
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



帯広競馬場に優しさとおいしさの絆を~チャレンジドショップ「KIZUNA」オープン

このエントリーをはてなブックマークに追加




障害者の働く場が競馬場にオープン
障害者の就労支援などを行っている指定障害福祉サービス事業所の帯広ケアセンター(北海道帯広市:以下同センター)は先月23日、帯広競馬場に「チャレンジドショップKIZUNA(きずな)」をプレオープンさせた。

同センターでは既に帯広市内で3店舗を運営しており、今回4店目の出店となった。全国から年間20万人以上が来場する場所で、障害者の就労訓練の場として社会参加の機会を創出していく。5月からは同センターと「十勝障害者就労・生活支援センター だいち」の利用者が訓練を始める予定。

帯広競馬場
地元農家や企業が開発したオリジナル商品も販売
KIZUNA(きずな)は原則土・日・月曜の競馬開催日に営業する。先月30日からは本営業を開始しており、時間は10:00~17:00、ナイター開催時は13:00~20:30。

店ではコロッケ、飲む生チーズやゴボウドリンクなど軽食や飲み物を販売、そのほか地元の農家・中小企業が開発したチャレンジ商品なども並ぶ。この競馬場からヒット商品をだしたいと同センター所長の片平氏は意気込んでいる。

北海道の新鮮な野菜や花を生産
同センターは、平成3年4月に精神保健福祉法に基づいて通所授産施設として開設され、平成18年10月には自立支援法に伴い就労移行支援事業施設に移行。

支援の取り組みとして6ヘクタールの農地を活用した野菜、花・苗の生産活動を行い、帯広市内で販売を行なっている。また、生産野菜をはじめ特産品などを季節に応じて地方発送を行なっており、こちらも好評を得ている。

外部リンク

帯広ケアセンター(社会福祉法人 慧誠会)

十勝障害者就業・生活支援センター だいち


Amazon.co.jp : 帯広競馬場 に関連する商品



  • 文科省、「障がいのある学生の修学支援に関する検討会報告(第一次まとめ)」を発表(1月9日)
  • ファッションショー:障害者もおしゃれに 介護経験生かした工夫(2月8日)
  • 「戦盲」 失明戦傷病者がたどった戦中・戦後(7月26日)
  • 障がい者に優しい海水浴場「ユニバーサルビーチ」とは?(7月25日)
  • 差別と闘う障がい者たち、半世紀の記録(7月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    新着30件